今年の国勢調査で思うこと

今年は5年に1度の国勢調査の年でした。私の家でも調査票に必要事項を書き入れて提出しました。一部の人の間では声高にプライバシーが…と騒がれていたようですが、記入項目について知られて痛いと思うような内容ではないので。

…で、どうしてこんな時期はずれに国勢調査のことに触れるのかというと、今年は国勢調査員をすることになってしまって、それが10月末で終わったから。それまでは何となく触れるべからずって気がしていたので、気分的に。ちなみに国勢調査員にはなりたくてなったのではなく、昨年に自治会の会計をした関係で自治会の会長さんに半ば強引に押しつけられ、代役を立てようにも内容が内容なので声をかけても嫌がられるのがオチと思って泣く泣く引き受けることになった…という顛末。正直な話、「自治会になんて入らなければ良かった」って思いました。

続きを読む 今年の国勢調査で思うこと

絵文字という名の苦行…

現在、私は近くのお店のパートをしています。お店はアクセサリーショップでネットショップもしています。私の仕事はそのネットショップに商品のページを作って公開することがメインです。展開先は独自契約のサイトの他、Yahoo!や楽天に出品していて、最近になってBIDDERSというサイトでも展開するようになりました。

Yahoo!や楽天で展開している他のお店のサイトは商品に関する画像を『これでもかっ!』っていうぐらい表示しています。ぶっちゃけ「写真や画像だらけで商品の説明はどこに?」って思うぐらいです。画像加工技術とデザイン技術に乏しい私なので至ってシンプルな作りになってます。どれぐらいシンプルかというと、商品の写真数点と商品の説明、あとはオススメ商品だけ…といったところです。なんせ1人ですべてのサイトの管理をしているので。管理を簡素化しないとはっきりいってやっていけません。まぁ、どんどん新しい商品を投入するよう言付かるっていうのも理由のひとつなんですが。手の込んだことをしようと思うと時間が余りになさ過ぎます…。

その上、最近展開しだしたBIDDERSなんですが、他がパソコン用のサイトがメインなのに対してBIDDERSは携帯用のサイトがメインとなってます。それでもパソコン用もあるのでどちらのサイト用のデータを作ってやらないといけません。こちらも至ってシンプルな作りにしています。が、ここで問題勃発なんです。他の人ならなんでもないかも知れませんが、私にとっては。

それが 絵文字 なんです。

というのも携帯がメインということは20歳前後の人がターゲットになるということ。20歳前後の人に売り込もうとするなら堅い感じよりトモダチ感覚の文章が良いらしいのです。実際BIDDERSのサポーターから構築状況を確認するためにかかってくる電話では必ず絵文字の言葉が出てくるぐらいです。

でもはっきりいって私にとっては難しい。だって普段絵文字入りのメールなんて書きませんから。使っても表情を表す絵文字か、天気を表す絵文字ぐらい。それを20歳前後の人のように文章を軟らかくして端々に絵文字をバシバシ入れるなんて無理です(T-T)

絵文字や画像をバシバシ使わないと売れるサイトにならないのでしょうか…。
…Yahoo!や楽天はシンプルでもそれなりーに売れてはいますけど、このままで良いのか不安です(-_-)

『幸せ』を得るために必要なもの

最近、ふと考えることがあります。それは『幸せ』についてです。

今、私は確かに幸せだと思います。住む家もありますし、食べるものに苦労することもありません。着るものだってあります。それどころか共に生きていくパートナーもいますし、たくさんではありませんが蓄えもそれなりに。

でも、その『幸せ』ってどこから来ているのだろうかと考えたんです。とりあえず身近なことから考えてみました。

続きを読む 『幸せ』を得るために必要なもの

『影』に追われて

実のところ、年末に夫の携帯から残骸を見つけてしまいました。その中に確固たる証拠となりうるものもいくつか……。さらには今月の中頃には同様に携帯から更に現実を突きつけるような証拠が出てきました。ある程度傷が癒えてきたと思っていたところで目の当たりにしてしまった証拠の数々。一生懸命登ってきた崖から再度突き落とされたような、癒えようとしている傷に多量の塩を揉み込まれるような…表現するならそんな状態でしょうかね……。

続きを読む 『影』に追われて

遠くとも同じ空の下で

今日は私の心の内をはき出してみようと思います。かなりどろどろとしていることが自分でも分かります。できれば自分の中だけで消化したいのですが、心にとって抑圧は別の問題を引き起こすおそれがあるので…。

これから書くことは暗いことになると思います。もし先へ進まれるのなら心していただければと思います。

……対象の方には読まれることのない手紙です。

続きを読む 遠くとも同じ空の下で