SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

先日、夫のスマートフォンが壊れてしまいました。電源も入るし、物理スイッチはすべて反応するんですが、タッチパネルが完全に反応しなくなったという…。おかげで電源は入っているのに設定もアプリも電話もできないという機器に成り下がってしまいました。壊れた端末というのがdocomoのFOMA回線で、SPモードメールにしか対応していない、Xperia SO-01Bという端末です。

壊れた端末の代わりの端末ですが、いろいろな選択肢からFOMA回線である3G回線専用のSIMフリー格安スマホにすることに。キャリアに縛られることなく端末が選べる時代になるとは!

そこで困ったことが。SIMフリー端末でdocomoのメールを利用するにはドコモメールにする必要があるんですが、壊れた端末はSPモードメールにしか対応していなかったためSPモードメールのまま。FOMA契約のままSIMフリー端末を利用してSPモードメールからドコモメールへ移行する方法を調べたのですが、ぐーぐる先生によるとFOMA回線で使えるドコモメールに対応した端末を用意するか、ブラウザ情報をiPhoneに偽装してdocomoのお客様サポートへアクセスするか、という方法ばかりが出てきて…。

それでもめげずに検索すると、SIMフリー端末から特殊な設定をすることなくドコモメールが使えるように設定できると言うことが判明。これもSPモード回線がSIMフリー端末でも利用できるようになったおかげ。ありがたや、ありがたや!

SIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定するには次の前提条件が必要です。いずれもSIMフリー端末は今や店頭やネット通販で手に入りますし、それ以外もドコモショップやdocomoのサイトに行けば手元に揃うはず。

  • docomo 回線に接続できるSIMフリー端末
  • SPモード回線で接続できるようにdocomoと契約しているSIMカード
  • SPモードパスワード
  • dアカウントの発行
    (発行は dアカウント から。ネットワーク暗証番号が必要です)
  • ネットワーク暗証番号 (設定時に聞かれることもあるので念のため)

そしてSIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定する手順は次の通り。

  1. SIMフリー端末にSPモードのAPNを設定する
  2. SIMフリー端末にてSPモード回線へ接続する
  3. ドコモメールを利用できるように設定
  4. dアカウント利用設定を有効にする

ただし、この方法はドコモメールアプリを使用しないので、SPモードメールアプリからドコモメールアプリへアップデートした時のように、SPモードメールアプリに保存されているメールをドコモメールのクラウド上へ簡単にコピーすることはできません。(コピーしたい場合はパソコンとIMAPに対応したメールソフトが必要になります)

続きを読む SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

Windowsメール復旧備忘録

体調不良と連休の関係で月曜日から木曜日までおやすみだったんですが、今日、職場に行ってみるとえらいことに……。

なんとWindows Vistaに付随しているWindowsメールのフォルダが酷いことになってました。『復旧したフォルダ』やら『インポートしたフォルダ』やら、日付の付いたフォルダーやらがてんこ盛り。私が休んでいる間に何かがあったようですが、勤めている職場は私以外でパソコンに精通している方はおられません。だから私が出てくるまでこの状態だったようです。そんな状態を見た瞬間、ほえぇぇぇと萎えてしまいました。

…まぁ、2月頃も休暇明けに同様の状態に陥ってからおかしかったのは事実。ウィルスバスターの迷惑メールの手動判別ボタンでTMAS_OE.exeが落ちたり、最近になってメールデータのあるフォルダがあるにもかかわらず『フォルダが見つかりませんでした』なんて出てきたりしてましたし。だましだまし使っていた私も悪いっちゃ悪いのでしょうし。

とりあえずメールが使えないことにはオンラインショップは成り立ちません。ましてやオンラインショップのメインパソコンですから、早速復旧させることにしました。

操作は次のサイトに書かれています。

Windows Vista を実行しているコンピュータで Windows メールを使用すると、送信トレイにメッセージが残ることがある

紹介したページの上の方は無視です。必要なのは後半の『高度なトラブルシューティング』の方法2を見ながら操作します。操作方法を簡単に書くと…

  1. Windowsメールのデータが保存されているフォルダの名前を変更
  2. Windowsメールを再起動させて保存フォルダを自動生成させてからすぐにWindowsメールを終了
  3. 名前を変えた保存フォルダからアカウントに関わるファイル(account{xxxxxxxxxxxxx}.oeaccount: xxxxxxxxxxxxxは数字とアルファベットの羅列)をコピー
  4. 名前を変えた保存フォルダから『Stationery』と『マイクロソフト コミュニティ』のフォルダをコピー
  5. Windowsメールを起動させて名前を変えた保存フォルダからデータをインポート

私はこの方法を知らないまま操作していたのでWindowsメール上から必要なメールを引っ張り出して、引っ張り出したメールとアカウントをエクスポート…とややこしいことをしていました。

とりあえずこの方法を施した後はウイルスバスターの迷惑メール手動判定も正常に動くようになりました。エラーが発生していたときは「ウイルスバスターが悪いんだろう…」と思っていたのですが、Windowsメールのデータの方に問題があったことがこのことで判明。ある意味「ウイルスバスターごめんなさい」です。まぁ、何かと不具合を抱えていることの多いウイルスバスターですからねぇ…。

今のところ不安定な動作は見られません。しばらくはこのまま様子を見てみようと思います。

……この際メーラーを変えてしまった方が良いんでしょうかねぇ……。

Windows Live Hotmailをメーラーで取得する

先日職場のレンタルサーバー容量に警告が出たことが発端で、サーバー内のメールを整理するためにIMAPプロトコルが使えるメーラーからの整理をしました。(…でもサーバー内のメールは結局全部消去したんですけどね)機能としてWebメールから操作ができるようになっているのですが、多量の迷惑メールをため込んでいたおかげで受信したメールの一覧が取得できない状態だったんです。ということで対応策をネットで探し回って情報を得て無事にサーバーの容量を確保することに成功しました。

…で、ふと思ったのは『HotmailのメールもIMAPで扱えないか』ということだったんです。というのも以前Olutlook Expressを使ってHotmailのメールデータを同期することが出来ていた記憶があったんです。そこで早速HotmailをIMAPが使えるメーラーで取得できないかとググってみたんです。

続きを読む Windows Live Hotmailをメーラーで取得する