シロッコファンブラシの威力は絶大でした…

半年に1度と決めて実施しているシロッコファンの掃除ですが今年ももれなく実施しておりました。いつも通りに朝、起きてからトロトロ石けんを準備して、朝の支度が一通り終わってから重曹水スプレーとアワアワ石けんを作って掃除に取りかかりました。半年に1度の甲斐あって、ファン自体もファンケース内も最初の頃に比べたら、汚れは多少べたつく程度で苦労することなく掃除できました。

その上、今年はそれ以上に専用に器具のおかげで作業が捗って、これまでよりストレスも少なくてすみました。その専用の機器というのがこちら。

シロッコファンの傾きに合わせてカーブされた持ち手の先に、モールのようにワイヤーで加工されたブラシが。ブラシの長さもシロッコファンの羽の間隔にちょうど合う形で、一度で羽の両面をしっかり洗うことができます。これまでは専用のブラシの代わりに歯ブラシを使っていて、ブラシの毛が一方にしかないためブラシの向きを変えて同じ所を2度擦らないといけませんでした。

ブラシの堅さは歯ブラシに比べたら格段に堅いので、シロッコファンにフッ素樹脂加工などの表面加工されている場合は傷めないか確認が必要ですが、その堅さ故にしっかり汚れを掻き落としてくれます。…おかげでブラシについた水や汚れが羽の隙間に入れるたびに跳ねてしまいますが 🙁

今回、入手して2回目の清掃でしたが、専用の器具を使うとストレスも少なくて作業がはかどるものだなぁと改めて実感。価格も特別高いものじゃないのでもっと早く手に入れておけば良かったと少々後悔したりも。

シロッコファンの掃除に歯ブラシを使っているなら、是非とも使ってもらいたいブラシだと思います 😉

新たな道具・ヘラを入手してファン内部を掃除しちゃいました

前回、3回目と称して決行した換気扇の掃除から1ヶ月弱…。秋まで待とうかと思ったものの、固形物がさらに溜まってもっとげんなりするのは嫌だったのでヘラを買って再度掃除することにしました。

ファン内部の素材はアルミのようで表面を傷をつけたくなかったので、当初はポリエチレン製のヘラを近所のホームセンターや100円均一のお店で探しました。…が、ポリエチレン製どころかプラスチック製のヘラすら見当たらず金属製のヘラばかり。掃除に使うだけだから100円の安いのでも良いかなーと思ったものの、掃除以外にも使うかもしれないと思って結局ホームセンターで見つけた少し上等な「皮スキ」というものを買いました。…名前だけで見た目はどう見てもお馴染みのヘラなんですが。

そうして手に入れた新たな道具・ヘラを携え、いざファン内部の掃除へ。

ファンやその付属物は前回掃除したこともあって汚れらしい汚れは見られず。それでもファンは触ると油が少し付いてたので、それを軽く洗う程度で済ませました。フードカバーとかは前回の拭き残しが所々にあったので、今回も準備していた重曹水で吹き上げました。

で、今回の主役・ファン内部。まずは今回新たに投入したヘラでファン内部の壁に付着している固形物を除去。固形物といっても状態は水飴のような感じ。それをヘラで掻いては新聞紙で拭い取り、拭い取ってはまた掻いて…を繰り返し。前回までは廃品に出そうと溜めていた厚紙で掻いていたのですが、金属製のヘラだけあって汚れを掻き取る威力は桁違い。厚紙の時よりは格段にはかどりました。ただ金属製のヘラなので、やはりというか素材の表面を削ってしまったらしく所々キラキラ輝いている部分が出てしまいました…。

この固形物を取り除いてしまえば後は楽勝。重曹水をしみこませたキッチンペーパーをファン内部に貼り付けるように湿布をしてしばらく放置。これで表面に残ってる油が浮いてくるので、キッチンペーパーを取り除いた後に水拭きをして終了。これだけでファン内部の表面から油のヌルヌル・ベトベトはなくなりました。やっほーいっ!

掃除が一通り終われば後は組み上げるだけ。もう3回もしてたら組み上げなんてお手の物です。

こうして最大の懸念だった換気扇のファン内部に残ってた汚れはほとんどを除去することができました。これでやっと枕を高くして眠れる!なんて。

次はまだ暖かい日が続く秋頃にしようかと模索中。汚れが少なく軽いうちに掃除した方が作業も少なくて済みますからね。今度の掃除の時には今回の苦労が報われてくれることを祈りたいものです。

台所の魔物・換気扇の掃除 (すでに3回目)

越してきてから4年もの間ずっと放置してきたシロッコファンを掃除してから1年が経ち、今年もシロッコファンを掃除することにしました。以前のように油汚れが固形物となってシロッコファンにこってり付かれるのはもう嫌ですから…。

実は今回と同じような考えで、半年ほど前の秋にも掃除は敢行してました。本当のところ夫の長期休暇に合わせてしようかとも思ったのですが、それだと確実に寒い時期になってしまって油汚れが堅くなってしまいそうだったし、1年も溜めちゃうと余計に手間がかかりそうな気がしたので。その半年前の掃除したときに手間が言うほどかからなかったのもあって、最初のような苦労はしたくないからと今回決行するに至りました。

そして今回も以前と同じく重曹を溶かした液とトロトロ石けんを準備。フードカバーなど外せるものは外してしまって、シロッコファンやその付属品、フィルターはシンクの中へ。シロッコファンと付属品とフィルターにはトロトロ石けんをまんべんなくつけて放置。水洗いができそうにないフードカバーやフード内部は重曹を溶かした液で拭き上げていきました。

…でもシロッコファンが収まってるファン内部はあまりのコッテリ汚れのせいで1年前の掃除でも断念してしまった経緯もあって、こびりついた油を厚紙などで掻いて剥がすぐらいがやっと。その後、気休め程度に重曹液で拭いて終わりにしました…。ヘラを買ってきて掻くか、業者に頼むしかないのかなぁ、ここは…。

一通り拭き掃除が終わった頃にはシロッコファンにつけたトロトロ石けんが油汚れを浮かせてくれてるので、毛を短くカットした使い古しの歯ブラシでコシコシとこすり落とします。こするたびに酸化した油の臭いがぷーんと漂うものの、汚れが落ちてる証拠と思えばさほど苦ではなく。1年前に初めて掃除しようと決行したときに比べれば、軽くこするだけでスルスルと落ちてくれるので嬉しい限り!

一通りこすり終わったら油を包んでくれてる石けんを流してしまうだけ。水だと石けんカスがたくさん発生するのでお湯で洗い流しました。その方が流した後の水分の乾きも早いですからね。

1年前の苦労と半年前の掃除のおかげで、ファンとその付属品の油汚れはこれだけでスッキリ綺麗になりました。そして外したときとは逆の順序で組み立て。半年程度に1回掃除しているおかげもあって、今の家に越してきて初めて掃除したとき2日がかりだった行程が半日で終わりました。

でも逆に、初めて掃除した後で換気扇を動かしたときの動作音の静かさに感動したというような「おおっ!」と思える変化はほぼなく、「頻繁にすると掃除が楽だなぁ、やっぱり」ぐらいの感動しかありませんでした。…まぁ、そりゃそうなんでしょうけど。

ちなみに夫の長期休暇にかこつけて手をつけましたが、夫は持ち帰ってきた仕事が忙しいからと一切手伝ってくれませんでした。仕方ないと言えば仕方ないんでしょうが、なんかちょっと寂しい気分を味わったのは言うまでもなく。…あ、手伝うよって言う声かけはいただいていましたけどね(と弁護しておく)。

次はヘラを買ってファン内部を掃除するためにお盆頃にまた決行しようか、涼しくなり出す半年後の秋あたりに今回ぐらいの比重でしようか考え中…。住んでるのが賃貸だということもあって、業者に頼むのも気が引けるですよねー。汚れを溜めて苦労するのは嫌だしなぁ…。

換気扇の大掃除しました

先日、今住んでる家に設置されている換気扇を掃除しました。というのも、この家に住んでからファンの掃除をしたことがなかったから。早々に掃除してしまわないとえらいことになっているんじゃないか…という脅迫感はあったものの、思い立ったのが冬だったり専用業者に頼むべきかと思慮したりと躊躇っていたんです。

その理由は、家に使われている換気扇がシロッコファンという種類のものだから。オサレなおうちの換気扇に使われているアレです。手前に付いている金属のフィルタを取ると筒状の部品が見えるアレです。

このシロッコファンの特徴としては壁に面していないと設置できないプロベラ型と違って場所を選ばず設置できて換気能力も高いそうですが、プロペラ型に比べると構造が複雑で掃除が大変という特徴が…。そのためネット上では清掃業者に依頼して掃除してもらうことを推奨している記述もちらほら。

そんな訳で専用業者に依頼すべき代物なのかと半ば諦めてたところ、洗濯用石けんを使った清掃をしていることを紹介しているサイトを発見。結構な方が石けんを使って清掃しておられることも分かりました。

そこで初夏となり暖かくなってきた5月の始めに重い腰を上げて掃除に挑戦してみることにしたのです。空気が暖かくなって油汚れも暖かさで緩くなってくる季節ですからね。

続きを読む 換気扇の大掃除しました