オーバースカート 編みました

オーバースカート (the Overskirt)

ここ数日で急に寒くなったこの頃。先日編み上がったオーバースカートが結構重宝しています。
(一眼レフじゃ自分撮りが難しいのでスマフォで :?)

今回はほぼオリジナル。模様だけは思いつかなかったので次の本を参考にしました。

毛糸は祖母が保管していた余り毛糸を譲ってもらったもの。夫のアイテムを編もうと思っていたのですが、動物の毛や羽毛を使った物を直に触るとチクチクするという体質のため断念…。それからしばらく袋に入れて保管したままになっていました。

そんな余り毛糸にも日の目を見せようとオーバースカートを編むことに。サイズを決めるのにメジャーで腰回りや胴回り、腰から下の高さを計測した結果、幅100cm、高さ25cmで編むことにしました。幅は90cmでも良いと思うのですが、サイズが変わったときにピチピチ状態は恥ずかしいので余裕を持たせました。

パターン図と想定サイズはあるものの、それ以外の情報は何にもない状態。そこでまずゲージを編むことにしました。

ゲージとは 10cm × 10cm のサイズの中に入る編み目の数と段数を把握するためのもので、これを基にして必要なサイズを編むために必要な目の数と段数を把握します。10cm単位なので簡単に1cmに必要な目と段を割り出せます。今回は毛糸がどれぐらいいるか分からなかったので、このゲージに使った毛糸の重さから必要な毛糸の量も算出しました。

そうして編んだゲージは30目×12段の編み目で重さ約6g。100cm × 25cm には次の要領で編む必要があると算出できました。パターン図の模様も6+1目×6段の模様なので綺麗に模様が収まります。

  • 毛糸 : 中細サイズ
  • 模様No. : #279 (by 日本ヴォーグ社「かぎ針編みパターンブック300」)
  • 編み針サイズ : 4/0号
  • 必要編み目数 : 横300+1目・縦30段 (横の1目は端の目)
  • 仕上がりサイズ : 幅100cm × 高さ25cm
  • 毛糸の量 : 約150g

これに腰に当たる部分として高さ1cm分を想定し、細編み4段を編んで追加して対応しました。

で肝心の毛糸。全体を1色で編むには足らなかったのですが、別の1色を足すとちょうど良い量になることが判明。そこで途中で色を変えて編むことにしたのです。それが最初の写真のデザインになるのです。…が、実際は想定が甘く紺色が1段だけ少なかったので、よく似た紺色の毛糸で足らない部分だけ編みました。ので、よく見ると色が違うんですよねー 😳

そうして編んだこのオーバースカート、腰に巻いて着用することを想定して編んだんですが、最後の最後までどうやって腰で止めようか悩んでました。エプロンのように紐を付けることも考えたのですが、腰回りよりも大きい幅で編んでいるのでひもを出す穴を新たに考えないといけません。が、その穴の位置を決めるのが面倒… 😛

ということでアンティーク調の安全ピンを買って、腰に巻いたオーバースカートをそのピンで止めることにしました。小さい子どもがいるなら危ないと思いますが、周りには大人しかいない状況ばかりなので良しとすることに。必要になったら必要になったときに追加することにします。

こうして編み上がったオーバースカートは想定通りに腰をじんわり保温してくれてます。ただ、お尻に敷くのが嫌だと短く編んだせいで、太ももの辺りが寒いのです… 😐
ま、太ももについては追々出そうと思っている膝掛けを活用しようと思います 😀

詳しいレシピをご希望の方はコメントやメールなどでお知らせください 😉

我が家にもXperiaがやってきました

手編みのポーチにXperiaを納めて

とうとう私のおうちにもスマートフォンの新風が吹くようになりました。そして私の手元にやってきた今話題のソニー・エリクソン製Android携帯・Xperia君。

Xperiaの話題がネットを賑わすようになってから買おうかどうしようか悩んでいたんですよねー…。で、どうして手に入れることにしたかというと、夫の携帯の機種変更のついで買い 😳

夫の携帯がすでに3年以上使っていて外観はぼろぼろ、電池の持ちは悪いし…といった感じだったそうで。さらには夫が貯めてるdocomoポイントが今月末で2,000ポイントほど失効する旨の連絡もあり、さらには夫曰く「職業柄、最新の機能が付いた携帯が…」という話だったので夫の機種変更について行くことにしたんです。

最寄りのdocomoショップで夫が目を付けていたXperiaの在庫状況を聞くと白は予約になるものの、黒はそこそこ在庫があるという話。在庫1台というならあきらめが付いたんですが、そういう話なら「欲しい」という気持ちに火が付いてしまいます…。どうしたものかと悩んでいたら、

「じゃぁ、黒2台を機種変更で」

という夫の鶴の一声が。思わず「え、良いの?」と夫に聞き返してしまいました。それから20分ほど待った後、夫とともに機種変更の契約手続きに。基本的な契約内容は次のようにしました。

  • iモード接続(継続・iモードメールを維持したかったから)
  • iモード.net(新規・スマートフォンでiモードメールを確認するのに必要)
  • mopera U・Uライトプラン(新規・moperaメールは今のところいらないから)
  • パケ・ホーダイ ダブル(継続・これがないと出先でスマートフォンが怖くて使えません)
  • タイプSS・バリュー(継続・携帯からほとんど電話かけませんから)

そうして本体価格は…というと、本体が65,000円ほどでしたが、

  • docomoポイントで6,000円弱
  • 2年縛りのある端末購入サポートで21,000円
  • ケータイ保証サービスによるボーナスで3,000円
  • ご愛顧割の適応

という、もろもろの割引が適応されて30,000円ほどで購入できることになりました。実はこの前に夫の精算があったのですが、そこで見た金額が40,000円弱。私の方がdocomoポイントが少なかったので「絶対40,000円の大台に乗る」とかなりびびってたので拍子抜け。継続は力なりものは大切に使おうという効力の威力を体感する結果になったのでした。

(ケータイ保証サービスとは、購入した携帯について全損・破損・水濡れ・喪失・盗難に遭った場合、最大5,250円で同一機種を手配することができるサービスです。このサービスを使うことなく過ごしたら次回の機種変更時にボーナスポイントがもらえるようです)

…こうして私も晴れてスマートフォンデビューをした訳です 😀
購入して1週間、ガラパゴス携帯と呼ばれる従来の携帯と違って自分好みにカスタマイズできるというのは良いなぁ…と思いました。いろいろ試して触っているのはとても楽しい! 😉
と同時に、パソコンなどの機器をそれなりに扱える人じゃないと使いこなせないだろうなぁ…とも。従来の携帯を扱うのに右往左往している人なんてもってのほかな感じです。まぁ、一番はスマートフォンがiモードメールに対応していないという点が大きいでしょうねぇ。これが解消されるだけでも需要は出てくると思うのですが…。

そして買って早々に傷なんか付くと嫌なので液晶保護シートを買って貼り、せっかくなのでXperiaのポーチを得意(と言っていいのか分かりませんが… 😛 )のかぎ針編みで編むことにしました。そうしてできたのが写真のポーチ。ちなみにこの写真はXperiaで撮ったものでございます。Xperia本体から撮った画像を見てたときは「写真写り悪ー…」と思ってたのですが、パソコンの画面から見るとそうでもないようにも。ただ、Xperia標準搭載のアプリではカメラの撮影は2Mpixelまでしか画素数を抑えることができず、またリサイズも不可能。Xperia上で画素数を抑えたりリサイズがしたい場合は別途アプリを入手する必要がありそうです。

さてさて、こうして始まった私のスマートフォン生活。当面の目標は電池の消費のとパケット代金の抑制。従来の携帯よりお金がかからない方法を模索しながら過ごせたらなぁ…と思います 🙂

青い模様編みのハンチングを編みました

編み上がった青いハンチング

以前、「帽子が欲しい」と訴えていた夫のためにアクリル毛糸で茶色のハンチングを編みました。茶色にしたのは持っている黄土色のコートに合わせるため。黒いコートもありますが、黒なら黄土色よりは色を選ばないだろうという考えで。

そして冬も終わり、春めいてきたこの頃(…といっても急に寒の戻りが来てますが)、「春夏用の帽子も欲しいなー…」という夫のご要望に応えるために編んだのが写真の青いハンチングです。

茶色のハンチングの色違いでも良かったんですが、茶色のハンチングは模様編みも何もないシンプルなハンチング。夏にかぶるには見た目に涼しさが全く出てこないデザインでして 😳

そこで模様編み、できれば透かし模様のハンチングを…と探して、今回のハンチングとなりました。レシピは次の本に載っていたものをそのまま流用。

…といきたかったのですが、編み図通りだと編み目のつじつまが合わなかったので若干アレンジ。さらにつば芯を入れると書かれていましたが、コットン糸で比較的しっかりしてそうだったのでつば芯なしに。そうして無事に完成して日の目を見ることができました。

夫に似合うかどうか不安でしたが、全く持って心配なしのハンチングとなりました。

さて、問題は夫の持っている夏服に、この青いハンチングが似合ってくれるかどうかですが、それは夏までのお楽しみになりそうです 😛

久々にかぎ針編みでばあちゃんへルームシューズを

かぎ針編みのルームシューズ

久しぶりに毛糸とかぎ針を出してきて編みました。実家で両親と暮らす父方の祖母のために。いつも足がとっても冷たいんですよ。以前にネットから無料でダウンロードしたレシピでルームシューズを編んであげたんですが、洗濯替え用のものが欲しい…と母が言っていたのです。

春頃に実家へ帰ったときに祖母から毛糸を分けてもらってはいたのです。が、ルームシューズのレシピの情報が得られなかったのですよ。出来たらネットから…と思っていたものの、前に取得したもの以外で見つけることが出来ず。で、冬が目前になって来たこの時期になってようやく本屋さんに編み物の本が並ぶようになり、望んでいたルームシューズのレシピが載った本が見つかったわけでして。

そうして買った本がこちら。

ルームシューズに的を絞っていろいろな種類が載っています。ちなみに何が改訂版なのかは分かりません 😳

もちろん今回作ったルームシューズもこの本を参考にしました。そのレシピは単色で全て編むタイプと、縁と飾りの花だけ色を変えて編むタイプのみ。だけど底が白っぽかったり明るい色だったりするとちょっとねぇ…となるのです。なぜか?

…それはルームシューズの底でから拭きをすることになって真っ黒になっちゃうから。折角綺麗な色で編んでも底が真っ黒になるのはちょっと悲しいですから、ここは少しアレンジして底の色を紺色に変えました。こんな感じに。

ルームシューズの底は紺色

実は久しぶりに編むことになったので、モチーフ編みの編み方をまとめた本を持ってきて復習しながら編みました。編み方自体は覚えていたのですが、色の換え方とか、ぐるりと輪編みした端っこのつなぎ方とかがうる覚えになってたものでして。それでもさほど詰まることもなく、ものの2日、正味1日半もかからずに完成しました。

片足ができあがったときにTwitterへ写真付きでつぶやいたら、 みなみ さんからついったカラーだねって言われました。…言われるまで気付きませんでした 😛

ばあちゃん、喜んでくれると良いな 😮

ちなみに今回の写真はいつものデジタル一眼レフ・D70に外付けのストロボを付けて撮りました。想像以上に綺麗に撮れててちょっと嬉しかったりします。ストロボ買っておいて良かったです。

モチーフ編みでショートジャケット

モチーフ編みのオリジナルショートジャケット

年末から作り始めていたショートジャケットが編み終わりました。今回はモチーフのデザイン以外はほぼオリジナルの作品となりました。

続きを読む モチーフ編みでショートジャケット