MySQLのインストール

今日も引き続き環境設定をしています。昨日でApache2とPHP4をインストールできたのですが、PHP4の代わりにPHP5に変更することにしました。Versionが高い方が良いのかな…という単純な理由ですけど。

PHP5にしてからPHP言語について買ってあったPHPの本を参考にして少しいじってみました。感じとしてはC言語によく似ているなぁ…といったところ。大学でもC言語を教わっておいて良かったなぁと思います。おかげで大学院での研究で必要になったVCでも、リアル引っ越しで止めるまで勤めていた会社でも、C言語を習っていたおかげでソースコードに対して拒絶反応を示さずに済んだんですから。

でもMySQLをインストールしてからがよく分からないんですよね。MySQL5.0をインストーラーの設定そのままでインストールを済ませたんです。WindowsXPなので管理ツールのサービスでも動いていることは確認できてます。で、phpMyAdminをインストールしたんですが、”#1045″というエラーを吐いてくれるんですよ。WordPressの本などの通りに設定ファイルを作ってocalhostにコピーしてもダメでした。何が原因なんでしょうかねぇ…(-_-;

…と、その後にネットでいろいろと調べたところ、phpMyAdminからindex.phpを呼び出して直接設定を作るのはダメなようでした。で、phpMyAdminのlibrariesの中にあるconfig.default.phpを使ってconfig.inc.phpとして中身を変えることで何とかなりました。最も参考になったのは次のページでした。

Windows+Apache+PHP+MySQL(5.0)によるWebアプリケーション

やはりこういうときに頼るべきはインターネットなんでしょうかねぇ…。

次はphpMyAdminの操作方法かPHP言語のお勉強かのどちらかになりそうです。でもphpMyAdminにはインストールした時点ですでにデータベースが3つほど存在して居るんですよ。これって消してしまっても良いもんなんでしょうかね?

WordPressのお勉強のために

WordPressのお勉強のためのローカルに環境を作っていました。Apahce2.0とPHP4を導入したんですが、Apache2.0の導入後のhttpd.confの設定を変えたところ、Apache2.0が動かなくなっちゃったんですよね……。何が原因かいろいろ試したところ、変更箇所が分かるように付けたコメントが悪かったせいでした。

変更箇所が分かるようにと変更箇所の真後ろにコメントアウトの”#”を付けてコメントを付けていたんですが、どうもそれが悪さをしていたみたいでした。変更箇所の後ろに付けていたコメントを消して変更した前後の行に新たにコメントを入れると問題なく動作しだしました。プログラムをしているとよくあることですが、ドツボにはまるとなかなか抜け出せないものですよね……。こんな事ってやっぱりソースコードを変更するときの宿命なんでしょうかね。

とりあえず今日はApache2.0とPHP4の導入は完了しました。次はMySQLの導入に入る予定です。MySQLでもまた同じように悩みながら操作をしていくんでしょうね……。

ささやかなお引っ越し

このたびブログサイトをこちらにお引っ越しすることにしました。以前から別のところでブログを立ち上げていたのですが、ちょっとした事情で急遽そちらを閉鎖することになったんです。でもそのままブログを止めてしまうのはどうしても寂しかったので、こちらにお引っ越しをすることにしました。

本来なら以前のブログから引き継いだり相互リンクをすると良いのですが、残念ながら現在はそれがかなわない状態です。以前のブログとの絡みを断ち切らざるを得ないというかなんというか……。

で、どうせお引っ越しするならWordPressというもののお勉強ができそうな@Wordを利用しようと思ったわけでして。偶然WordPressというものにふれる機会があって興味を持ったんです。でもWordPressを利用するにはPHPという言語も勉強しないといけないようで……。それでも自分の好きなことに対するお勉強は苦ではないので少しがんばってみようと思います。