2017年 春の写真

梅の花 (Ume blossom)

さてさて。巷ではすでに本州全土が梅雨に入り、沖縄では梅雨が明けたと言われています。

ということは春ももう過ぎ去ってしまったと言うこと。そこで2017年の春の間にカメラへ収めることのできた写真を紹介しておこうと思います。

そういえば今年の春は例年より気温の上がり具合が低いようで、桜の開花も1~2週間ほど遅かったように思います。曇り空も多くて肌寒く、散歩に出る気にはなかなかなれず躊躇っていたことが多かった記憶が…。それでも何とか満開の桜をカメラに収めることができましたが、残念ながら青空の下ではなかったのが少々心残りかなぁと。

その他に今年の事と言えば、ホトケノザだと思っていたものが、実はヒメオドリコソウという帰化植物と混同していたという事実を知ったこと。

ホトケノザとヒメオドリコソウがどちらもシソ科の植物で、好む場所と開花時期がほぼ一緒で実際に混じって群生・開花してるので2種が混同されてしまう一因となってるんだとか。その上、ホトケノザとヒメオドリコソウの両方の特徴を持つキリハヒメオドリコソウというものも存在するらしく、これも同様に群生、開花していたり。

ちなみに次の写真、中央左がホトケノザで、中央右がヒメオドリコソウだそうです。
ホトケノザとヒメオドリコソウ

…といったことを知ることに至ったり。たかが野草されど野草、奥が深いです。

続きを読む 2017年 春の写真

2016 – 2017年の冬の写真

落ち葉にも積もる雪

もうすでに初夏になろうかとしてる今日この頃。冬場に続き春になっても暑さと寒さの極端さは相変わらずのように感じます。

…と、前置きはさておき、かなり時季外れではありますが、この冬に撮った写真を少しばかりご紹介。相変わらず拙い写真ではありますが、何もしないままもなんだかなぁと思いまして。

この冬は雪が降り出した時期が新年を迎えてからだったように記憶しています。この冬はさほど降らずに終わるかと思っていたのですが、降ったら降ったで大雪警報が出たりする始末。幸い5年前のように大雪の上で地域一帯の幹線道路が完全に麻痺するといったような事にはならずにすんだのでよかったのですが。

続きを読む 2016 – 2017年の冬の写真

2016年の秋の写真

落葉の絨毯

1月の中頃から週末の度に全国的な寒波がやってきたせいで全国的に大雪に見舞われていますが、私の住んでいる京都北部も例に漏れることなく結構な量の雪が積もりました。幸い、数年前のような観測史上初とまではいきませんでしたが、特に1月中旬頃の雪はそれまで降っていなかった反動のようにしっかり降って積もってくれたため、今シーズン初の雪かきが慣れない体の使い方と相まってかなりの重労働に感じました。

そんな冬の写真のシーズンも訪れたと言うことで、去年の秋に撮った写真を何点かご紹介しておきます。シーズンがずれているのは知人への気まぐれに送るハガキに使う前にネットで見せちゃうのも勿体ないかなぁと思っているためなので、その辺りはご了承のほどを。

今季はいつもより「良いな」と自分では思える景色に出会う機会に恵まれたのがちょっと嬉しかったりします。

続きを読む 2016年の秋の写真

明けましておめでとうございます

2017年の年賀状 (Chicken Eto animals for New Year 2017)

…と、表題には書きましたがすっかり明けきって、暦の上ではすでに寒中見舞いを出す頃になってしまいました。

年末年始はいつもと変わらず夫の実家でお世話になりながらおせち作りなどをお手伝いしつつ過ごし、初詣や自分の実家へ年始の挨拶などで終わりました。カレンダーの並びのせいか、夫の休みが少なかったため実家を拠点にした外出がほとんどできなかったのが残念なところ…。もう少し長く休めるなら早めに帰省して、実家を拠点に日頃行けない場所で行われていた気になるイベントを見に行ったり、学生時代の旧友と久々に積もる話に興じたいとか思っていたんですけどね 😥

それはさておき、今年も例年と変わりなく更新頻度が相変わらずの状態で続いて行くであろうこのブログですが、誰かの何かの役に立つものになってくれればと思っています。

今年もよろしくお願いします! 😀

シロッコファンブラシの威力は絶大でした…

半年に1度と決めて実施しているシロッコファンの掃除ですが今年ももれなく実施しておりました。いつも通りに朝、起きてからトロトロ石けんを準備して、朝の支度が一通り終わってから重曹水スプレーとアワアワ石けんを作って掃除に取りかかりました。半年に1度の甲斐あって、ファン自体もファンケース内も最初の頃に比べたら、汚れは多少べたつく程度で苦労することなく掃除できました。

その上、今年はそれ以上に専用に器具のおかげで作業が捗って、これまでよりストレスも少なくてすみました。その専用の機器というのがこちら。

シロッコファンの傾きに合わせてカーブされた持ち手の先に、モールのようにワイヤーで加工されたブラシが。ブラシの長さもシロッコファンの羽の間隔にちょうど合う形で、一度で羽の両面をしっかり洗うことができます。これまでは専用のブラシの代わりに歯ブラシを使っていて、ブラシの毛が一方にしかないためブラシの向きを変えて同じ所を2度擦らないといけませんでした。

ブラシの堅さは歯ブラシに比べたら格段に堅いので、シロッコファンにフッ素樹脂加工などの表面加工されている場合は傷めないか確認が必要ですが、その堅さ故にしっかり汚れを掻き落としてくれます。…おかげでブラシについた水や汚れが羽の隙間に入れるたびに跳ねてしまいますが 🙁

今回、入手して2回目の清掃でしたが、専用の器具を使うとストレスも少なくて作業がはかどるものだなぁと改めて実感。価格も特別高いものじゃないのでもっと早く手に入れておけば良かったと少々後悔したりも。

シロッコファンの掃除に歯ブラシを使っているなら、是非とも使ってもらいたいブラシだと思います 😉