SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

先日、夫のスマートフォンが壊れてしまいました。電源も入るし、物理スイッチはすべて反応するんですが、タッチパネルが完全に反応しなくなったという…。おかげで電源は入っているのに設定もアプリも電話もできないという機器に成り下がってしまいました。壊れた端末というのがdocomoのFOMA回線で、SPモードメールにしか対応していない、Xperia SO-01Bという端末です。

壊れた端末の代わりの端末ですが、いろいろな選択肢からFOMA回線である3G回線専用のSIMフリー格安スマホにすることに。キャリアに縛られることなく端末が選べる時代になるとは!

そこで困ったことが。SIMフリー端末でdocomoのメールを利用するにはドコモメールにする必要があるんですが、壊れた端末はSPモードメールにしか対応していなかったためSPモードメールのまま。FOMA契約のままSIMフリー端末を利用してSPモードメールからドコモメールへ移行する方法を調べたのですが、ぐーぐる先生によるとFOMA回線で使えるドコモメールに対応した端末を用意するか、ブラウザ情報をiPhoneに偽装してdocomoのお客様サポートへアクセスするか、という方法ばかりが出てきて…。

それでもめげずに検索すると、SIMフリー端末から特殊な設定をすることなくドコモメールが使えるように設定できると言うことが判明。これもSPモード回線がSIMフリー端末でも利用できるようになったおかげ。ありがたや、ありがたや!

SIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定するには次の前提条件が必要です。いずれもSIMフリー端末は今や店頭やネット通販で手に入りますし、それ以外もドコモショップやdocomoのサイトに行けば手元に揃うはず。

  • docomo 回線に接続できるSIMフリー端末
  • SPモード回線で接続できるようにdocomoと契約しているSIMカード
  • SPモードパスワード
  • dアカウントの発行
    (発行は dアカウント から。ネットワーク暗証番号が必要です)
  • ネットワーク暗証番号 (設定時に聞かれることもあるので念のため)

そしてSIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定する手順は次の通り。

  1. SIMフリー端末にSPモードのAPNを設定する
  2. SIMフリー端末にてSPモード回線へ接続する
  3. ドコモメールを利用できるように設定
  4. dアカウント利用設定を有効にする

ただし、この方法はドコモメールアプリを使用しないので、SPモードメールアプリからドコモメールアプリへアップデートした時のように、SPモードメールアプリに保存されているメールをドコモメールのクラウド上へ簡単にコピーすることはできません。(コピーしたい場合はパソコンとIMAPに対応したメールソフトが必要になります)

続きを読む SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

メーラー 「Shuriken」 の終了時に出るエラーを解決したお話

夫は普段 Justsystem の Shuriken 2014 というメーラーを使っています。

先日、ちょっとしたアクシデントでメーラーを以前のバックアップからリストアしたのですが、その後からメーラーの終了時に次のようなエラーを示すが出るようになりました。

フォルダ一覧のツリーの状態を保存することができませんでした

何でこのエラーが出るのか分からず、グーグル先生にお聞きしたら答えてくれた情報はたった1つ。某大型掲示板の過去ログのたった1つのスレッドに書き込まれた情報。

その情報によると、バックアップを取って CD-R など読み取り専用の媒体に保存した後、それをリストアする際に読み取り専用の媒体から直接リストアすると出るエラーとのこと。さらには別の人の書き込みにて、ファイルサーバーに保存したバックアップに直接アクセスしてリストアしたことでエラーが出るようになったという情報も。

それを回避するにはバックアップデータを読み取り専用媒体から HDD にコピーして、読み取り専用状態を解除してからリストアする必要があるそうです。

…そういえば今回メーラーのデーターをリストアするとき、 NAS に保存したバックアップデータから直接リストアしたなぁと。

そんなわけで改めてバックアップデータをリストアするパソコンの HDD にコピーして、そのコピーからリストアしたところ上に示した内容のダイアログが出ることなく終了しました。

エラーが出る状態になってから解決法が分かるまでの間にはすでに受信したメールがあったため、その受信メールデータを消したくないが為にエラーが出る状態でバックアップした後にそのデータでリストアしたら解決するかと思ったのですが、残念ながら1度エラーが出る状態になってしまうとその状態でバックアップとリストアを実施してもエラーは解消しませんでした。

幸いなことに、別のパソコンでも Shuriken 2014 を使ってメール管理をしていて、そのパソコンでは上記のエラーは出ていなかったので、そのパソコンでバックアップを取り、バックアップデータをリストアするパソコンへコピーしてからリストアしたところエラーを示すダイアログが出ることなく終了するようになりました。

この結果から、どうやらエラーになる状態のデータまでもバックアップされるようです。

ということで、このエラーを出さないようにするには以下の4つの条件をすべて満たしておかないといけないようです。

  • エラーが出ていない状態で作成したバックアップデータを使用する
  • リストアしたいバックアップデータを予めリストアするパソコンの内蔵 HDD か SSD に保存しておく
  • リストアする前に内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータの読み取り専用状態を解除しておく
  • リストアするときは内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータからリストアする

ちなみに参考にした某掲示板の過去ログは Shuriken Pro に関する書き込みで、今回解決したソフトのバージョンは Shuriken 2014 なので、他のバージョンの Shuriken でも同様に解決できるかと思います。もし同様の問題で悩んでおられるなら参考にしてみてくださいませ 😉

Windows RE パーティションのアンマウント

事の発端は夫が外付けHDDの設定やフォーマットをパソコンで実施して電源を落としてから。それまでは何でも無く動いていたものが、その後電源を入れるとWindowsが立ち上がらず、真っ黒な画面に

Boot Device Not Found
Please install an operating system on your hard disk.
Hard Disk (3F0)

という無機質なエラーメッセージが出るように。最初は何が悪いのか分からず、UEFI 設定画面に入るために再起動してショートカットキーで入って設定を一通り確認するも問題になりそうな項目はなし。UEFI 設定画面からエラーチェックができると言うことで実施してみるも、そんなことで改善せず。本当に大いに焦りました…。

幸いなことに Windows10 が動作しているパソコンがもう1台あって、夫はそれで仕事をしつつ、私は私で解決方法を調べてました。状況的にはクリーンインストールやむなしという感じでしたが、できることならサルベージしたいじゃないですか。インストール後のアップデートも使っているソフトの再インストールも時間がかかりますし、何よりパソコンの内蔵HDD内に貯めたデータを取り出せるのなら取り出したい!

…というわけで、問題なく稼働するもう1台のパソコンを利用して Windows10 のインストールメディアを Microsoft からダウンロードするところから始まり、それをDVDに焼いて起動しなくなったパソコンに挿入して再起動…。DVDから起動させた後「今すぐインストール」を選択せず、そのすぐ下の表示される「このコンピューターを修復する」という項目から「スタートアップの修復」を選択することで無事に起動するようになりました。HDD内に残したデータも問題なくアクセス可能! 万々歳!!

…と思ったのですが、その後でエクスプローラからPCの項目を確認すると見覚えのないドライブが2つ確認できるように。そのうちの1つに WINRE という名前がついてました。また、「ディスクの管理」からパーティションを確認してみると表示されているドライブの他に未割り当て領域も確認。いったいどうなってるのかと軽くパニック状態に。

どういうことよとグーグル先生に聞いてみたところ、未割り当て領域は Microsoft 予約パーティション (MSR) のなれの果てのようだということが、また見覚えのないドライブは Windows 回復環境 (Windows RE) が入っているパーティションでパソコンが正常に起動しないときの回復用のデータだと言うことが分かりました。

MSR はUEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションやグーグル先生の情報を参考に、未割り当て領域を MSR 領域に指定するだけで解決。至極簡単な作業で修復できました。

で、問題となったのは Windows RE パーティション。こちらもグーグル先生に教えを請うたところ…

続きを読む Windows RE パーティションのアンマウント

フレッシュトマトと青ネギのチャーハン

フレッシュトマトのチャーハン

先日、夫がチャーハンを食べたいと言い出して冷蔵庫の中とにらめっこしてました。

いつもはみじん切りにした玉ねぎや人参を中心に、ピーマンやウィンナーやちくわをみじん切りにしたものを加えたり、粗挽き肉やミンチ肉にしたりとしてるのですが、その日はいつものチャーハン食材がストックされておらず。買い出しに行けば良かったのですが、それが面倒に感じたので冷蔵庫にあるもので作ることにしました。

それがタイトルのチャーハン。詳しいレシピは以下の感じ。

【材料 : 2人分】

  • ご飯 : 1合…あらかじめ炊いておく
  • トマト : 1個…種を除いて粗みじん
  • 青ネギ : 2本…みじん切り
  • 卵 : 2個…溶いておく
  • 油 : 大さじ2杯…思っているより多めの方が良いかと
  • 塩・こしょう : 適量
  • 醤油 : 少量

【作り方】

  1. 鍋に油を入れて熱する
  2. 卵を入れて10秒後にご飯を入れて炒める
  3. ご飯がほぐれたら青ネギを入れて炒める
  4. 塩・こしょうで味を調えた後、鍋肌から醤油を入れる
  5. トマトを加えてさっと和える

トマトは火を加えすぎると水が出てチャーハンがベチャベチャになるので、トマトが全体に混ざったぐらいで皿に盛るのがオススメ。トマトのさっぱり味がチャーハンのアクセントになります 😀

取り除いたトマトの種ですが、種の周りのプルプルしたところには旨み成分が含まれているそうなので、捨てずにスープの出汁にしてチャーハンの付け合わせにすると良いかと。生ゴミにすることなく美味しいスープとして消費できます 😉

ちょうどトマトが旬の時期ですから、美味しいトマトを手に入れたら是非作ってみてくださいませ!

ゆびさきトングという名の道具を使ってみました

先日、クレジットカードに貯まっていたポイントを消費するため、オークス株式会社が販売している ゆびさきトング なる商品と交換しました。主婦目線で作られた、手を汚さずに食材がつかめるという触れ込みの。朝のお弁当作りで下ごしらえや調理で肉や魚を触った後、手を洗う時間が勿体ないときがあるんですよ。特に油や粉で汚れた手だと洗うのに時間をとられてしまうので、それが何とかなればなぁ…と思っていたのです。

でも身銭を切って試すには少々勇気のいるところで、気にはなる物の買うにはちょっと…と思っていたんです。そんなときにクレジットカードの獲得ポイントがちょうど交換できるポイントに達していることを知り、そして何よりポイントの有効期限が迫っていたので物は試しと交換することにしたのですよ。

実際に何度か使ってみた感想はというと、確かに触れ込み通りに手を汚さずに食材をつかめます。想定通り、粉をつけた肉や魚を鍋に投入するときなんかは手に粉がつかずにすむので結構重宝します。またトングの先もそれなりに薄いので、ハムやベーコンなどの薄切りのものを1枚ずつつかむのもさほどストレスなく使えます。パンの上にハムやベーコンをのせてトーストするのには手を洗わずに次の作業に移れるのでありがたいです。

…が、先が尖ってはいないものの鋭角に加工されているので崩れやすい食材では神経を使います。たとえば鯖の切り身など身のほぐれやすい魚など。またつかむ場所が面ではなく点に近いので、鶏のもも肉などの大きく重たい食材になるとつかんで移動させるのも少し工夫がいります。感じとしては箸の細い面でつかむよりは多少マシなのかなぁといったところでしょうか。

そして「指の代わり」という紹介ですが、私の感覚としては指の代わりというのは言いすぎかなぁと。指先でつかむことに比べたら、このトングでつかむために効率よくつかむには…と少々頭を使います。思ったようにつかめなかったときなんか、ちょっとイラッとしてしまったり。自分の指なら食材の触感もあって、ほぼ直感で食材をつかめますからねぇ 😆

でもまぁ、当初の目的である 手を極力汚さずに次の作業に移れる ということは達成できる代物ですから、私としては充分な機能を持っているかなぁ…といったところです。この満足感はもしかするとクレジットカードのポイント交換で得た道具だからかもしれませんけどね…。