海と松林を眺めながらの昼食を (京都府宮津市・天橋立ランチツーリング)

宮津・天橋立 日本三景碑

4月に入り日によってはようやく暖かさを感じるようになってきた上旬のある日、夫は勤務先で新しく勤められる方を囲んでの昼食会があるとのことでお弁当の用意はいらないと出勤していきました。

そのことは事前に分かっていたので、当日は天気が良ければ出かけようと予め行きたいところをいくつか選定し、実際に当日の朝は少々冷え込んでいたものの雲もほとんど漂っていないおかげで、日が昇るにつれて気温も過ごしやすい暖かさになろうとしていました。

…のですが、お弁当を用意しなくていいとなればどうしても起床が遅くなり、さらに朝のうちに終わらせたい家事もあり、結局バイクで乗り出す準備が整いそうな時間が12時を回ってからになる感じに。往復と昼食の時間を考えると片道1時間前後…ということで、今回は天橋立へ行くことにしました。ネット上にあった写真からずっと気になっていたランチのお店もあったので。


国道27号から国道178号へ抜けてそのまま西へ。宮津市街を越えてすぐに京都府道2号へ逸れれば、あっという間に天橋立駅手前の交差点へ。バイクも自身が乗ってきたもの1台だけだし、他に駐車場を探すのも時間が勿体なかったので、その交差点のすぐ脇にあるにある有料駐車場に止めることにしました。実のところ天橋立駅を超えた辺りの駐車場の方が若干お値段が低いらしいのですけどね。

智恩寺 山門

到着してそのまま真っ直ぐお目当てのお店…というのも風情がないと思ったので、まずは智恩寺へ参拝することに。散策するには気温も心地よかったためか、平日にもかかわらず人出がそこそこあることにちょっと驚きです。私の中では平日なら人もまばらにしかいないんじゃないかなーって思ってたんですよ。さすがは日本三景の1つ・天橋立です。

お賽銭を入れてお参りし、智恵の輪石灯籠の実物を目の当たりにした後、今度は天橋立の方へ。小天橋の近くのお店では天橋立を自転車で対岸まで散策できるよう自転車の貸し出しもされていて、今日は自転車で走っても気持ちいいだろうなぁと思いました。…が、それをしていたら帰りが確実に遅くなってしまうと思って断念。この日の天気予報で夕方頃から雨が降ると言われていたので、それまでにはどうしても家に帰りたかったのです。

天橋立 大天橋の上から

そうして当初の目的だった昼食のお店 Cafe du Pin さんへ。SNS 上でのこのお店に紹介には窓から眺められる天橋立の松林と海の景色が素敵だったんですよ。いつか行ってみたいと思っていたんです。

で、お店の前に行ってみると店舗前は改装工事の真っ最中。なのですが、お店の前には営業してるような看板が立てられているし、お店の中に店員さんが働いておられる姿も確認できました。ちょっと勇気がいったのですが、改装作業の下をくぐってお店の中へ。店員さんに営業されているか尋ねるとどうぞ問う流されてちょっとホッとしました。

このお店はセルフサービスのため、まずはカウンターで注文。宮津には 宮津バーガー なるものがあるらしく、このお店でも宮津バーガーに認定されたというサンドがメニューに。そう頻繁に来ることもないしと思って注文することにしました。

それが写真のオイルサーディンサンド。天橋立の名産であるオイルサーディンとサニーレタスを挟んだサンドで、ソースに使われている梅肉が良い感じにアクセントになっていました。見た目は小ぶりなのですが、私にとってはお腹の収まり具合は八分弱といった感じ。もしかすると元々期待せずに食したからなのかもしれません。

オイルサーディンサンド

お店の中は人がほとんどいなかったためだとは思うのですが、とても落ち着ける雰囲気。景色を眺めながら時間を忘れてのんびりするにはもってこいという感じでした。

…と、本当なら景色の写真を添えて紹介したかったのですが、ここに来て普段のお供の一眼レフカメラ君がエラーを起こしてしまい、撮った写真が保存できない状態に。いつもなら電源を入れ直すだけで復旧するのですが、今回は書き込みでエラーを起こしたままになり、仕方なくバッテリーの抜き差しをしたら記憶媒体のCFカードのデータを壊してしまったようで…。一面硝子張りの良い景色だっただけに、写真に収められなかったのはとても残念…。

そして私1人だけ楽しんでは仕事で頑張ってる夫に申し訳ないと思い、バイクを止めた駐車場近くのおみせ Café et Patisserie Genmyoan へ。こっちの昼食も気になっていたんですが、やはり天橋立の松林の景色の方に軍配が上がったので。お店に入ってから知ったのですが、ここのお菓子は雑誌に取り上げられるほど有名なようで、お取り寄せもできるとか。できたら箱に入った詰め合わせを買いたいと思ったのですが、お値段もさることながらバイクに搭載したバッグ容量の都合で小ぶりな袋菓子になりました。

そうこうしているうちに時間は15時を回り、早々に帰路へつきました。国道178号には所々に海側に展望スペースがあり、西から東へ向けて走るとそのスペースへすんなり入ることができるのですが、今回はカメラの不調のため止まっても意味がないのでパス。少々悔しい思いをしながら通り過ぎてきました。

自宅のある市街に入ってから交差点を曲がった後、バイクが起き上がった瞬間に強風にあおられて危うく転倒しそうになるというアクシデントにも見舞われましたが、無事に自宅に到着して早々にお片付け。余韻に浸っている頃には天気予報のとおりに雨も降り出し、道中で降られずに澄んで良かったと胸をなで下ろしました。

晴天に恵まれ過ごしやすい暖かさと空気だったためか、私にとっては短い時間ながらもリフレッシュできるひとときを過ごせたと思っています。できたら同じような陽気の時に、今度は夫と一緒にのんびり須越に行けたら良いなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です