鶏のアラカルトを愉しんできました (京都府南丹市・日吉ランチツーリング)

農園食堂Aube

1ヶ月ほど前の話でございます…。この日はせっかくの週末なのに夫は仕事で出勤。平日はもっぱらお弁当なので夫の分を作るついでに自分のお昼も一緒に作ってしまうのですが、週末の出勤になると夫が気を利かせてくれているのかパンで良いと言うことになります。…前に尋ねたときは「週末までお弁当を作ってもらうのは申し訳ないのもあるけど、パンが好きだから休日出勤になる週末はせめてパン食でモチベーションを保ちたい」みたいなことを言ってましたが。

そして、この日も例に漏れずに昼食はパンで良いよと言うことで、前日に予め自分で用意したパンを持って出勤していきました。そうなると私のお昼ご飯が問題となるわけで。一応自分の分を用意するついでと夫は私の分も買っておいてくれるのですが(基本的に出不精の気があるので出かけるのが面倒になることが多々あるのです…)、この日に限っては前日からバイクでお昼を食べに行くことを目論んでいたいのです。

そのときに参考にしたのが次の本。ちょうど京都北部のお店を特集している本で、お昼ご飯を兼ねたりしたプチツーリングにはもってこいだったりするのです。

そうして選定したのは京都府南丹市日吉町にある農園食堂 Aubeというお店。あわよくば日吉ダムまで足を伸ばせたら…と思いながら、正午を回った頃に家を出ました。

続きを読む 鶏のアラカルトを愉しんできました (京都府南丹市・日吉ランチツーリング)

シロッコファンブラシの威力は絶大でした…

半年に1度と決めて実施しているシロッコファンの掃除ですが今年ももれなく実施しておりました。いつも通りに朝、起きてからトロトロ石けんを準備して、朝の支度が一通り終わってから重曹水スプレーとアワアワ石けんを作って掃除に取りかかりました。半年に1度の甲斐あって、ファン自体もファンケース内も最初の頃に比べたら、汚れは多少べたつく程度で苦労することなく掃除できました。

その上、今年はそれ以上に専用に器具のおかげで作業が捗って、これまでよりストレスも少なくてすみました。その専用の機器というのがこちら。

シロッコファンの傾きに合わせてカーブされた持ち手の先に、モールのようにワイヤーで加工されたブラシが。ブラシの長さもシロッコファンの羽の間隔にちょうど合う形で、一度で羽の両面をしっかり洗うことができます。これまでは専用のブラシの代わりに歯ブラシを使っていて、ブラシの毛が一方にしかないためブラシの向きを変えて同じ所を2度擦らないといけませんでした。

ブラシの堅さは歯ブラシに比べたら格段に堅いので、シロッコファンにフッ素樹脂加工などの表面加工されている場合は傷めないか確認が必要ですが、その堅さ故にしっかり汚れを掻き落としてくれます。…おかげでブラシについた水や汚れが羽の隙間に入れるたびに跳ねてしまいますが 🙁

今回、入手して2回目の清掃でしたが、専用の器具を使うとストレスも少なくて作業がはかどるものだなぁと改めて実感。価格も特別高いものじゃないのでもっと早く手に入れておけば良かったと少々後悔したりも。

シロッコファンの掃除に歯ブラシを使っているなら、是非とも使ってもらいたいブラシだと思います 😉

2016年の夏の写真

向日葵と夏の空

日中はまだまだ暑いものの、朝晩はようやく秋らしく涼しい空気に変わってきました。おかげで真夏よりはずいぶんと寝入りやすくなってる今日この頃です。

長期予報で今年の夏は酷暑になると言われていた割に初夏の頃は暑さも苦ではなかったため、予報は外れたんじゃないのかと思っていたんですよ。それが夏も本番ともなると、やはりその暑さは身に応えてきます。おかげでバイクでの遠出はする気にならず、また帰省の予定と相まって、振り返れば言うほど夏の写真を撮ることなく晩夏を迎える結果に。

もしかすると家にエアコンを導入していないことが、バイクで汗を流しながら遠出することに気後れしてしまう遠因となってたかもしれません。夏の暑さに体力を奪われた状態で、熱の籠もった家中を扇風機の風で引っかき回しながら、その後の家事をしなければと思うと体力温存を考えて遠出を控えてしまうんですよね 🙁

でもたぶん、まだしばらくはエアコンに手を出すことはしないと思います。夫がエアコンの風が苦手と言ってますし、何より夏に汗をかかないのは体に良くないと聞くし… 😆

さて、そんな初秋が見え隠れする時期にもなってきたので、この夏にカメラへ収めた写真を一部ご紹介しておこうかと思います。

続きを読む 2016年の夏の写真

SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

先日、夫のスマートフォンが壊れてしまいました。電源も入るし、物理スイッチはすべて反応するんですが、タッチパネルが完全に反応しなくなったという…。おかげで電源は入っているのに設定もアプリも電話もできないという機器に成り下がってしまいました。壊れた端末というのがdocomoのFOMA回線で、SPモードメールにしか対応していない、Xperia SO-01Bという端末です。

壊れた端末の代わりの端末ですが、いろいろな選択肢からFOMA回線である3G回線専用のSIMフリー格安スマホにすることに。キャリアに縛られることなく端末が選べる時代になるとは!

そこで困ったことが。SIMフリー端末でdocomoのメールを利用するにはドコモメールにする必要があるんですが、壊れた端末はSPモードメールにしか対応していなかったためSPモードメールのまま。FOMA契約のままSIMフリー端末を利用してSPモードメールからドコモメールへ移行する方法を調べたのですが、ぐーぐる先生によるとFOMA回線で使えるドコモメールに対応した端末を用意するか、ブラウザ情報をiPhoneに偽装してdocomoのお客様サポートへアクセスするか、という方法ばかりが出てきて…。

それでもめげずに検索すると、SIMフリー端末から特殊な設定をすることなくドコモメールが使えるように設定できると言うことが判明。これもSPモード回線がSIMフリー端末でも利用できるようになったおかげ。ありがたや、ありがたや!

SIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定するには次の前提条件が必要です。いずれもSIMフリー端末は今や店頭やネット通販で手に入りますし、それ以外もドコモショップやdocomoのサイトに行けば手元に揃うはず。

  • docomo 回線に接続できるSIMフリー端末
  • SPモード回線で接続できるようにdocomoと契約しているSIMカード
  • SPモードパスワード
  • dアカウントの発行
    (発行は dアカウント から。ネットワーク暗証番号が必要です)
  • ネットワーク暗証番号 (設定時に聞かれることもあるので念のため)

そしてSIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定する手順は次の通り。

  1. SIMフリー端末にSPモードのAPNを設定する
  2. SIMフリー端末にてSPモード回線へ接続する
  3. ドコモメールを利用できるように設定
  4. dアカウント利用設定を有効にする

ただし、この方法はドコモメールアプリを使用しないので、SPモードメールアプリからドコモメールアプリへアップデートした時のように、SPモードメールアプリに保存されているメールをドコモメールのクラウド上へ簡単にコピーすることはできません。(コピーしたい場合はパソコンとIMAPに対応したメールソフトが必要になります)

続きを読む SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

2016年の春の写真

菜の花

季節はすでに初夏を迎え、梅雨もすでに入ってしまいました。

遅くなってしまいましたが春に撮った写真を紹介したいと思いまして。

本当なら初夏にかかった頃に紹介するべきなのですが、事情により少しずらしてお見せしようかと。

事情というのは撮った写真をハガキサイズに印刷して、そのときに送りたいと思った方へ簡単な挨拶を添えて送ってるんです。で、送った方の手元へ届くより先にネット上で公開したら送った方への特別感がなくなるかなぁ、なんて思ったもので。…にしても、少しばかり紹介するには遅くなりすぎてる感はありますが。

例年、春の写真にと撮りに行くのはもっぱら桜ばかりなのですが、今年はたまたま見つけたホトケノザが良い感じで撮れたり、バイクで出かけた先で偶然小さな菜の花畑に出会ったりして、いつもより少しばかり彩りが良い感じに。でも、それ以外は例年通りの桜のスポットまで散歩して…です、恥ずかしながら。

相変わらず出不精さんがたたったり、家のことを済ませたりしていて、全体的にはそれほど沢山の風景は撮れず仕舞いに。来年はもう少し出かける機会を作ってこれはと思うものに出会えるようにした方が良いかなぁ、なんて思ったりします。

そんな写真たちの一部を掲載しておきます。良かったら見てやってください。

続きを読む 2016年の春の写真